君のためにできること

cherry92.exblog.jp

リリちゃん いぬ親様決定

<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1年経ちました

日付を越えてしまいましたが、去年の29日はチコリ&クララをセンターにお迎えに行った日です。
わたし、ショートステイの仔も含め、引き出しに行った日にちを大体覚えています。
d0183577_0362411.jpg

懐かしいです。
チコちゃんはローラちゃんになり
クララは風凛(かりん)ちゃんになって
とってもしあわせに暮らしています。

家族っていいね。

ポピーですが、一番多いときは7回食べさせていました。現在は6回食ですが、少し量を増やしても食べられる感じになってきたので、明日からは5回くらいで量を増やしてあげてみようと思います。
by cherry-chan92 | 2013-03-30 00:39 | チコリ&クララ | Comments(2)
引き出したとき1、4キロしかなかったポピーですが、一週間経ちましてなんとジャスト2キロになっておりました!この体重で600グラム増はすごいですね。食べている分がしっかり身になっているようで大変うれしいです。
d0183577_214063.jpg
d0183577_2140132.jpg
d0183577_21402859.jpg

わたしが抱いています。hiroが撮ってくれました。

まだまだとっても怖がりさんです。
d0183577_21431384.jpg
d0183577_21432485.jpg

by cherry-chan92 | 2013-03-28 21:44 | ポピー | Comments(0)
母がもう随分昔から『短歌研究』という冊子に短歌を投稿しております。↓コレ
d0183577_193788.jpg

毎月一回、締め切り日になると必死になってはがきに印刷しているのです。

わたしもよくはわからないのですが、とにかく一番いいときは応募した5首全部を載せてもらえます。1首も載らないこともたまにあるそうです。
久しぶりに5首載ったとかで、見せてもらいました。
こちらの選者の方の時は滅多に選んでもらえないそうで、喜んでいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飼い主を待ち続けいる犬たちが黙々と生く非難区域地

被災地に残されし犬を探しつつフード与える人々のあり

日に一度フードを配る人を待ち雪降る中にうずくまる犬

弱りし犬を案じて車で廻る人温めしドッグフードを積んで

避難区域に餌を待ち続けいる犬達が影絵の如き雪の夕暮れ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


わたしは現在、動物病院で看護師として働いています。
いつかわたしにできることを、もっと視野を広げてやるために日々勉強させてもらっています。今回ポピーの点滴を自分の病院でさせてもらい、様子を見ていることができたので本当によかったと思っています。シャンプーをしていない仔を何も言わずに診てくださった院長先生にも本当に感謝しています。(体調が悪い仔以外は必ずシャンプーを済ませてから病院には連れていっています)

そしてわたしがいないときは、母がしっかり預かりっこのお世話をしてくれています。
母がいなければ預かりは不可能でしょう。また、母が車が運転できないため、急変する可能性がある子犬をお預かりしているときには、近所のmegさんに病院への送迎もお願いしています。

そして明日から春休みに入るhiro
休みのときはごはんのお世話もしっかりしてくれています。
家族に支えられながら、そして応援してくださる方に支えられていることをいつも忘れずにいたいと思います。
いつもありがとう、父、母、そしてhiro、チェリもね

ポピー、ごはん食べています。心配してくださっている方がいるのでブログを毎日更新するつもりでいましたが、しばらくお休みさせていただこうと思います。
by cherry-chan92 | 2013-03-25 20:39 | わたしのこと | Comments(2)
くぅママさんミルクママさんと一緒に、ひまわりちゃんのおうちに伺わせていただきました。
ひまわりちゃんはくぅママさんのおうちの卒業わんちゃんです。わたしは、ミルクママさんちの初預かりっこ、かりんちゃんがきっかけでちばわんの存在を知り、ひまわりちゃんがきっかけで初めて篠崎の会場でくぅママさんに声をかけさせていただきました。彼女はわたしにとって特別な存在です。
d0183577_2284231.jpg

くぅちゃんとひーちゃん

そんな大好きなひまわりちゃん、今年になって十二指腸のポリープの切除手術を受けました。とても心配でしたが、いままでどんな困難もよいしょっと乗り越えてきたひーちゃんは、大変な手術も入院も乗り越えてくれて、予後もよく、食欲旺盛で日々元気に過ごしてくれているとのこと。
ポピーの容体によっては我が家はキャンセルをさせていただかなければと思っていましたが、ポピちゃん、頑張って自分の意思でごはんを食べてくれていまして、もう一日、母にお世話をお願いしてご一緒させていただきました。
d0183577_2215361.jpg
d0183577_22162421.jpg
d0183577_2216238.jpg


みんなでお散歩
d0183577_22173319.jpg
d0183577_22175417.jpg

d0183577_22181270.jpg
d0183577_22183390.jpg
d0183577_22183248.jpg
d0183577_22185431.jpg


わたしね、シェルティーの後ろ姿が大好きなんですよ
本当に可愛くて愛しくてたまりません。。
d0183577_22193091.jpg
d0183577_22195482.jpg
d0183577_22195387.jpg


元気なひーちゃんに会えて本当によかったです。
ひーちゃん、またチェリ家にも遊びにきてね。また一緒にお散歩しようね。
皆さま、ご一緒させていただき、ありがとうございました。

そしてひーちゃんのママからはポピーにたくさんの缶詰のご支援を頂戴いたしました。ポピ、たくさん食べて元気になってもらいますね。本当にありがとうございました<(_ _)>


♪おまけ♪くぅママさんとミルクママさんから送って頂いたちぇりこ
d0183577_22244461.jpg
d0183577_22251288.jpg

にゃはは、鼻でかわんこ



そして今日はmegさんがた~くさんの缶詰を届けてくれました。megさん、いつもほんとにありがとね。元気になったら会いにきてね。
たくさんの方の想いに支えられてポピー、少しずつ元気になってくれると思います。。
ありがとうございます。

本日のポピー
d0183577_22353038.jpg
d0183577_22355257.jpg
d0183577_22354889.jpg

小さな小さなおててには便がこびりついていて、恐らく一度のシャンプーでは落とせていないと思います。それでも随分すっきりしたね・・また体力ついてからきれいにしていこうと思います。
d0183577_22364553.jpg

抱くと小さな身体から心臓がばくばくする音が手にとるようにわかります。だんだん激しくなっていきます。あまりにかわいそうなので、最低限しか抱いていません。今日はポピーのお部屋に掃除機をかけるときだけ母に抱いていてもらい、そのときに写真を撮りました。

今日は一日一緒にいられたので、ゆっくり様子を見ることができました。
ごはんも6回食べてくれています。いま、隣でミルクを飲む音が聞こえてきました。そんな些細なことがとてもとてもうれしくて。ポピー、生きていてくれてありがとう。。。
by cherry-chan92 | 2013-03-24 22:45 | おともだち | Comments(2)

シャンプー

センター引き出しの日にシャンプーできなかったのは、リラちゃんに続き2頭目です。
リラちゃんも到着後すぐにお風呂場に入れてシャワーをかけはじめたところでした。でも身体に触れたらやはり骨皮で、おまけに皮膚の状態も悪くすぐに断念したのです。

そのとき実はわたしは気付かなかったのですが、リラは熱がありました。
あのときやめて本当によかったと思っています。リラは翌日から40度を超す熱が続きました。あのときシャンプーしていたら恐らくもっと悪くしたでしょう。

そのことがあったので、ポピーは最初からシャンプーをする気は全くありませんでした。可愛いお顔にまでうんちがついていたけれど、数日は我慢してもらうことにしました。弱っていても人間にしっぽをふるような仔なら身体を拭くくらいはできたかも知れませんが、これだけ怯えている仔にはストレスにもなります。とにかく身体が汚れていて命を落とすことはない、きれいにしてあげたかったけれどわたしも我慢をしました。

そして点滴の帰りに診察台にびびりうんをまき散らした日
副院長のT先生がおしりを拭いてくれようとしたのですが、あまりにこびりつきすぎて拭いてどうにかなるようなものではない・・お尻だけでも洗ってあげないとかぶれちゃうよ、とのことで一日待ってシャンプーをすることにしました。
d0183577_22385264.jpg
d0183577_2239312.jpg
d0183577_2239964.jpg

お風呂場まで通院に使ったバッグで移動
ポピを洗ったらバッグも消毒して乾かしておかないとね
d0183577_22395496.jpg

脱いだらこんな感じ

そしてシャンプー時の写真は両手が開かないしいいや、と思っていたのですが、濡らしたポピーの身体を見て、あまりに背骨が浮き出ていて、痩せているのはわかっていたけれど毛の下はこんなにひどい状態だったのかと愕然とし

ポピーがこんな状態でも頑張って生きて出てきてくれたという事実は残しておくべきと考え直し、急いでhiroを呼んで撮影してもらいました。
いまはまだ載せませんが、いつかポピーが本来の仔犬らしいむくむくのコロコロの元気な仔になれたらそのときは載せたいと思います。
正直この濡れ姿を見たときには涙を止めることができませんでした。
ポピーに申し訳ないと、ただそれだけでした。。。
よくこんな身体で生きていたと思います。フードを食べられないようなこの仔がよくセンターで2週間も生きられたと思います・・この仔は離乳できていたのだろうか?と
d0183577_2250134.jpg

△タオルドライ後、わたしの膝の上

ポピーに必ず生きてわたしのところへたどりついてほしい
そう願いを込めて急遽買いに走ったコレ↓
d0183577_22512894.jpg

とても役立ちました。ポピーを膝の上に乗せてタオルドライしながら乾かせましたし、風もやわらかく音も静かで感動的でした。
正直シェルティークラスにはちょっとパワー不足だとは思いますが、これから短毛の預かりっこやちびっこには重宝しそうです。
d0183577_22533297.jpg
d0183577_22535226.jpg
d0183577_2254396.jpg
d0183577_22541569.jpg

ちょっぴり仔猫のような風貌のポピちゃんです

現在は
d0183577_22561761.jpg
d0183577_22561248.jpg

こんな感じに隠れています

今日も5回食を残さず食べてくれています。6回目も半分くらいは食べています。
ヤギミルク、好きみたいでよかった。
by cherry-chan92 | 2013-03-23 23:05 | ポピー | Comments(0)
ご心配おかけしております。引き出しから今日で4日目のポピー
昨日はヤギミルクもごはんも5回ほぼ食べてくれました。自分から食べられていますし、恐らくこのまま食べてくれれば持ち直していくかと思います。

母に抱っこされています。
d0183577_8503645.jpg
d0183577_8505117.jpg

思っていたより月齢が低そうなポピちゃん
生きて出てくれたのは本当に奇跡だと思います。。。

必ずこの仔を守りますね
by cherry-chan92 | 2013-03-23 08:53 | ポピー | Comments(4)

今日はお留守番

2日点滴を流してもらったポピこちゃん
まだまだ元気はないのですが、ヤギミルクも飲んでくれているので脱水の心配はなさそうかなと思います。今日は一旦通院をお休みして、母と一緒にお留守番してもらうことにしました。

ごはんも本当に少量ですが、自分でなんとか食べてくれています。
これだけ人間不信の仔に強制給餌はできるだけしたくないので(もちろんどうしても食べなければしますが)頑張って食べてほしいです。

そうそう、昨日の朝回虫出ました。ちょっとだったのですが夜お迎えに行って副院長が診察してくれたときに診察台にびびりうんをまき散らし、その中にはたくさん出ました。今朝の便にはなかったので出切ったかな?また一週間くらいしたら検便しましょう。
しかし昨日の夜は大渋滞でものすごく時間がかかりびっくりしました。ポピ、びびりすぎてて車酔いするのかまだ不明です(吐いたりはしません)
d0183577_832840.jpg

レポの写真ではそんなに怖がりに見えないでしょう?
ポピーはおめめがまんまるで怯えた表情にならないので一見わかりませんが、ケージの中ではクララとまるっきり一緒で壁にはりつきずっと下を向いてタオルに隠れています。
父は今朝「まだ顔を一度も見てないぞ」と言っていました。
心のケアも少しずつ、まずは食べてもらって体力をつけることが最優先です。

水曜の朝はポピーが生きているか心配で吐きそうになりながらクレートをのぞきました。
だんだんその不安が和らいできています。それでもまだまだ気は抜けません。
これだけ小さい仔は本当に怖いです。
でもでも・・

必ずしあわせになるんだよ
必ずしあわせにするよ
by cherry-chan92 | 2013-03-22 08:11 | ポピー | Comments(2)
昨日の21時近くに到着したポピーちゃん
やはりふやかしたドライは食べなくて、リラちゃんが大好きだったデビフのラム&さつまいもを少し食べてくれました。ヤギミルクも少し飲んでくれました。それでも片手で持ちあげられるような小さな痩せたポピーにはやはり点滴を入れていただかないと心配。。。もちろん弱りすぎてシャンプーなんて厳禁です。

祭日はかかりつけも休診・・
悩んだ挙句、ポピーを連れて出勤することにしました。ポピーは初めて地下鉄に乗り、JRにも乗りました。アナウンスの音、電車の音すべてに小さな心臓がびびっているのかと思うとかわいそうでなりませんでした。
祭日で病院もとても忙しく、点滴をスタートしたのは2時近くになってしまいましたが、それでもちょこちょこのぞけましたし、本当に連れていけてよかったです。
事前に相談する時間もなく、急遽連れていってしまったのにお世話してくださった院長先生には本当に感謝しています。。チーフも本当にありがとうございました<(_ _)>

ポピーの検便、わたしがしました。
回虫卵が結構出ました。
駆虫薬を飲ませるとき、歯を食いしばって絶対に開けようとしなかったポピー
怖かったね、ごめんね、ポピー
ルネちゃんの身体の栄養を根こそぎ持っていったにっくき回虫がポピーの中にもいるんだね。
明日の朝、ルネちゃんみたいにすごいのお見舞いしてくれるのかしら(怖)

d0183577_22105619.jpg

△帰りの東海道線車内にて

d0183577_22114115.jpg
d0183577_22113923.jpg

△帰ってからちょっとだけ撮らせてもらいました。
とってもとっても怖がりさんです
タオルの下にもぐっていって隠れます
可愛いお顔のお目見えは、ポピーの体調が安定するまでいましばらくお待ちくださいね。。
カメラを向けて怖い思いをさせたくないので。

追記:センターレポートに引き出しのときのポピーの写真がありましたので頂きました
d0183577_2315471.jpg

是非センターレポートを見てください。
あなたのお迎えを待っている仔がいます。どうか犬を家族に迎えたいと思っている方の選択肢のひとつに、保護犬を入れてあげていただけませんか
この仔たちは決して何ひとつ、贅沢なことは望んでいません。。。

帰ってからの夕飯。院長先生がご好意でくださった高栄養フードはあまり食べず、ささみチーズを好んで食べています。これもリラちゃんの好物。栄養失調すぎると、あまり高カロリーのものはきついのかな?となんとなく思います。少しずつ頑張って食べようね。

昨日ミルクママさんと電話で話していて、体重が恐らく2キロ以上はあるはずなのに1,5くらいしかなさそうと言っていたのですが、どんぴしゃり、たったの1,45キロしかありません。。
がりがりのmocoちゃんでさえ3キロ近くはありました。

ポピは明日もわたしと一緒に出勤&点滴してきます。
学研なので病院勤務は13時半まで。学研が終わって19時前にお迎えにいこうと思います。

今日は横浜は20時近くは雨が降ったり止んだりでした。
ポピを連れたわたしを心配して、megさんが駅までお迎えにきてくれました。お休みの日の夜にごめんね、でも本当に助かりました、ありがとう。

たくさんのあたたかい気持ちに支えられて
ポピもわたしも頑張れます。
コメントのお返事、少しお時間くださいね
by cherry-chan92 | 2013-03-20 22:23 | ポピー | Comments(4)
運搬を快諾してくれた上に、ご自身の預かりっこまで連れて帰ってくださったるぅ子さん、今日は本当にお世話になりました。遅くまでありがとうございました。
3時過ぎの休憩時間にるぅ子さんからのメールを見るとき、心臓がばくばくして
「無事に出したよ」のメールを見て、溢れる感情を押し殺すことができませんでした。

ポピー、我が家にたどりついてくれました。
ただ、リラを思い起こさせるくらいふわふわの毛の下は完全に骨と皮です。ほとんどごはんが食べられていなかったようです。幸い恐ろしい感染症の検査はマイナスだったとのこと。。

ここまで頑張ってくれた小さな小さな女の子
あとはわたしがどれだけ踏ん張れるかだよね

まだまだ予断を許さない状況と思います。
必ずこの仔をしあわせのスタートラインに立たせます。

一緒になって心配してくれたミルクママRieさんmegさん、メールをくださって一緒に祈ってくれたseiさん、勇気をくれたリラちゃんのママ、そしてリラ。。
リラの姉妹たち
力をくれたももひな姉さん、もも、そしてひなもね、みんなみんなありがとう。
ブログを見て、一緒に祈ってくださった皆さま、本当にありがとうございます。

次はわたしが頑張る番です
ポピー、一緒に生きよう。
by cherry-chan92 | 2013-03-20 00:36 | ポピー | Comments(6)
一目見て心を動かされたこの仔
d0183577_20413666.jpg

しばらくお預かりはお休みと思っていたわたしの心を揺さぶったのは、この仔がリラちゃんのように儚げで、風凛(クララ)ちゃんのように怖がりだったからでしょう

この仔の笑顔が見たい
しあわせにしたい、心からそう思いました。

小さいのでとても心配で、ずっと祈っていました。どうかセンターから今日連絡がありませんように、と。

友人が声をかけた仔は成犬でしたが、今日亡くなったと連絡がありました。
体力のある大きな仔でも、感染症は容赦なくその命を奪います。
まだ3キロくらいしかないこの仔犬も体調を崩したと連絡が入ってしまいました・・・

必ずわたしのもとへきてください
生きて必ず

ひとりぼっちで逝かないで
わたしに抱かれても逝かないで
あなたが神さまのもとに帰るのは10年、15年先のずっと先のことなのだから
そしてそのときは あなたが愛する家族に抱かれて

明日待っているから
るぅ子さん、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
Rieちゃん、彼の分も必ずポピーはしあわせにするから
by cherry-chan92 | 2013-03-18 20:52 | ポピー | Comments(4)

リリちゃん いぬ親様決定


by cherry-chan92