命を預かるということ

ポピーちゃん、今週でちょうどお預かりしてから4カ月になろうとしています。
ぎりぎりのところで、多くの皆さまのお気持ちで繋がった小さな命は、あの頃の儚い面影は一切なく(笑)日々元気いっぱいに過ごしております。
d0183577_23282685.jpg
d0183577_23283640.jpg
d0183577_23285671.jpg

朝晩ちょっぴりお外に出てお散歩の練習をしています。
少しずつ少しずつお外の環境にも慣れてきたように思います。でもまだまだ車もバイクも怖いです。
お庭は大好きで、いくらでも遊んでいたいようです。(お庭は出られないように完全に囲われています)

日中はエアコンをつける部屋を減らすため(節電)リビングで家族とチェリと一緒に過ごしています。そして大好きなおもちゃでよく遊んでいます。

d0183577_23312854.jpg
d0183577_23314052.jpg
d0183577_23315017.jpg

hiroが今朝撮ってくれた朝顔とゴーヤ

ポピーは一緒に暮らすのになんら困ることのない仔です。
仔犬さんらしくいたずらはしますし、おトイレの失敗もあります。でもいままで我が家でお預かりしたこどもたちと比べても決して手がかかるわけではなく普通の仔犬さんだと思います(もちろん何を普通と考えるかは人によってそれぞれなのですが)

唯一違うのは、お外で半分パニックのようになることでしょうか。
パニックといっても暴れたりするわけではありません。それでも「この場から逃げ出したい」という気持ちは強く、かなり引きは強くなりますし、いきなり引っ張るので力の弱い人だとバランスを崩してしまうかも知れません。しかもどちらの方向に引くのか見当がつかないのでお外に出すときは本当に注意しています。

ポピーを迎えてくださるご家族さまには、お散歩には出さなくても構いませんとお話をします。十分十分環境に慣れ、ご家族さまに慣れ、お外の世界はそれからゆっくりゆっくりで構いませんと。ですのでできればお庭があったらいいなぁと思ったりはしています。
現在は朝晩のお庭でトイレもできるようになっています。おしっこに関しましては家でほぼシートでできています(もちろん環境の変化で失敗もあると思います)
d0183577_23414041.jpg
d0183577_23415460.jpg
d0183577_2342484.jpg

チェリー以外のわんちゃんも大きさに関わらず、大好きです

ポピーは恐らく本当のおうちにいったら、ご家族さまにはすぐに慣れると思います。基本的に怖がりさんですが、ひとたび信じることができればとっても甘えん坊さんになります。決して時間はかからないと思っています。
この仔に関して、わたしが怖いと感じるのはそこの部分が一番大きいです。

「逃がしたらつかまりません」「絶対に迷子にしないでください」
と細かく細かく嫌がられるくらいに説明をしても
「こんなにすぐ慣れるのなら大丈夫なんじゃないの?」と思われてしまう気がするのです。
玄関のゲートも、室内での首輪と迷子札も、お散歩のダブルリードも

慣れたらやめていい

そうではないのです。
ポピーに限らず、どの仔もそうです。慣れてもずっとダブルリードでお外に出てほしいのです。
慣れても玄関ゲートを撤去しないで欲しいのです。
慣れてもフレキシブルリードは使わないで欲しいのです。
必ずおうちで首輪に迷子札を身につけていて欲しいのです。

何年経っても
お散歩に行く前に、首輪が緩んでいないか、ハーネスが緩んでいないか、リードは古くなっていないか、確認をしてほしいのです。

d0183577_23505676.jpg
d0183577_23511615.jpg
d0183577_23512953.jpg
d0183577_23513952.jpg
d0183577_23515090.jpg

なぜだと思われるでしょうか?


人間の赤ちゃんの活動範囲が活発になってきたとき、玄関や階段にベビーゲートを設置したりすることがありますね。いずれ大きくなって必要がなくなれば撤去します。
それは人間のこどもは成長していくからです。言葉を理解し、体も大きく成長し、明らかに必要性がなくなるから撤去するわけです。
犬は、永遠に赤ちゃんだと思ってほしいのです。これはあくまでわたし個人の考えに過ぎませんが、犬はどれだけ信頼関係ができたとしても、人の言っていること、望んでいることをすべて理解しているとは限りません。もし、人間の赤ちゃんが一生赤ちゃんのままだったら絶対にゲートを撤去したりはしないと思います。
犬は、死ぬまでずっと家族が守るべき大切な命です。

しあわせにする、あるいはしあわせをもらう、犬との生活で得るものは本当に大きいと思います。
それを迷子にするという形で終わらせることは、絶対にあってほしくない
犬の最期を看取る、それは家族にしかできない大切な大切な役割

預かった大切な命を守るのに、やりすぎはありません
これは、たらめが迷子になったから思ったことではなく、いままでもいぬ親さまになる方にはお伝えしてきたことです。
ただ、今一度この想いをつづることで、未来のポピーのいぬ親さまにも「命を迎えるこということ」をしっかり受け止めて頂きたく、文章にいたしました。
d0183577_061074.jpg
d0183577_062339.jpg
d0183577_063727.jpg
d0183577_064917.jpg
d0183577_0708.jpg

そして、たらめがいなくなって改めて感じたことは、絶対の信頼関係などというものは存在しないということです。保護犬はどんな過去を過ごしてきたのかわかりません。どんなにフレンドリーな仔でも、何に恐怖を示すかもわからないし、本当に未知の世界だと思うのです。差別ではなく、チェリのように小さな頃からなんの苦労もなくただのんびり過ごしてきた仔とは違う、そのように思います。


命と向き合うことには覚悟が要ります
どんなに人慣れしたフレンドリーな仔であっても過信はしないでほしいと願います。それでも、ポピーよりも脱走・逸走の危険性の低い仔は明らかにいると、わたしは思います。
こんなポピーちゃんですが、きっとポピーのすべてを受け止めてくださるご家族さまが、この世の中にはいる、そう信じています。
d0183577_0134398.jpg



最後にたらめ、いなくなってから4週間が経過しました。
わたしたち、関わった人間は必ずあの仔を保護したいと思い続けて捜索をしていきます。
そして本日、品川のいぬ親会ににてseiさんから養生テープや我が家の犬たちへのおやつ、人間にもお菓子を頂戴しました。うちまで届けてくださったkyuuzouさん、ありがとうございました。
ご心配をおかけしています皆さまのお気持ちを忘れることも一時もありません。。。

わたしは保護犬に関わってくださるすべての方に
いまのわたしと同じような思いを絶対にしてほしくない、そのためにできることがあるならばしていかなければならないと思っております。

by cherry-chan92 | 2013-07-15 00:49 | 迷子のこと | Comments(2)

願いはただひとつ

もう一度君のぬくもりをこの手で感じること
もう一度君の笑顔を見ること

d0183577_23202641.jpg
d0183577_23204879.jpg
d0183577_23211933.jpg
d0183577_23214118.jpg

d0183577_23223942.jpg
d0183577_23231893.jpg
d0183577_23234553.jpg

d0183577_23263646.jpg

写真はすべて2月5日~15日まで我が家に滞在してくれていたときのものです

たらめ、いなくなってから3週間が経過しました。いまだ確実な情報はほとんどありません。
ちらしをまいていても、ほとんどの方に「持っているよ、冷蔵庫に貼ってあるよ」「まだ見つからないの?」「気にしているけど見ないんだよ」と言って頂いています。引き続き、保護に向けて努力してまいります。
気にしてくださっている皆さま、ご協力くださっている皆さま、本当にありがとうございます。。

ポピちゃんのおめめ周りの抜け毛は
ほとんどわからないくらいになりました。

by cherry-chan92 | 2013-07-07 23:32 | 迷子のこと | Comments(2)

★迷子犬たらの情報をお寄せください★お願いいたします


たらちゃん、こんな風に歩きます。


※コメントのお返し、しばらくできません。ごめんなさい。
ご連絡は下記のアドレスへお願いいたします↓↓
mihomiho-chibawan@memoad.jp

日曜日にポスター貼りとちらしを配っているときに、たらめの大きさがよくわからないというお声を何度か頂戴しました。10キロ程度、という記載ではイメージがわかない方が多かったようです。確かにそうですよね

たらちゃん、身長160センチの息子が抱くとこんな感じです↓
d0183577_825868.jpg
d0183577_825195.jpg
d0183577_8253097.jpg


うちのこ、チェリと並ぶとこんな感じ↓
d0183577_826286.jpg
d0183577_8264024.jpg
d0183577_826509.jpg

チェリの大きさですが、地面から胴体の高さ(頭ではありません)までが36センチ、首からしっぽの付け根までが50センチあります。因みに体重は8キロです。
たらちゃんのほうが体高は少し高くて40センチくらい、体長はチェリより短いです。
d0183577_8404522.jpg
d0183577_841552.jpg


d0183577_8433391.jpg
d0183577_8434126.jpg
d0183577_8434773.jpg
d0183577_8435480.jpg
d0183577_844215.jpg
d0183577_8441394.jpg
d0183577_8442268.jpg
d0183577_844415.jpg
d0183577_8445289.jpg
d0183577_845643.jpg
d0183577_8451528.jpg
d0183577_8452739.jpg
d0183577_8453889.jpg
d0183577_8454816.jpg
d0183577_846340.jpg
d0183577_8461494.jpg


今日はチェリと一緒に行ってきます

by cherry-chan92 | 2013-06-25 08:48 | 迷子のこと | Comments(0)

たらめのこと

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by cherry-chan92 | 2013-06-25 00:11 | 迷子のこと

たらめが迷子になりました

チェリ家にとって卒わんと同じ、大切なたらめが迷子になりました。今日も明日もずっと捜索に出ています。至急のご連絡は09024931432へお願いいたします。
ご心配お掛けしております皆さま、本当に申し訳ありません。

by cherry-chan92 | 2013-06-14 23:59 | 迷子のこと | Comments(6)

迷子の太郎くんのこと

昨年11月、風凛(クララ)ちゃんがご家族さまに見初めて頂いた八王子のいぬ親会で、わたしは1枚のちらしをいただきました。それは、4年半以上も迷子になったわんちゃんを探し続けている方が配られていたものでした。
d0183577_22314234.jpg

太郎くんは、ちらしによりますとシェルティ系の中型犬雑種ということですが、見た目はほとんどシェルですし、確かセンターでもこのちらしを見たことがあったので、「まだ見つかっていないんだ・・」ととても気になったことを記憶しています。


そして先週の八王子会場で、同じ方がまたちらしを配っている姿をお見かけしました。少しお話をさせていただき、わたしのブログは見ている方も少ないですけれどちらしを載せさせてくださいね、とお願いしました。

帰ってからデジカメでhiroが撮ってくれました↓↓
d0183577_22333566.jpg
d0183577_22334677.jpg
d0183577_22335624.jpg
d0183577_2234522.jpg
d0183577_22341541.jpg
d0183577_22342482.jpg


太郎くんは去勢手術直後の入院中に逃がされてしまったそうです。。動物病院に勤めているわたしとしましては本当に心が痛いです・・そしてもし自分が、同じようにチェリを病院に預けていて逃がされてしまったら。。と想像するだけでなんともいえない気持ちになります。。どんなに家族が気をつけていても、こんなことで迷子にされてしまうことがあるなんて


以下、ちらしをそのまま写しました↓


★2008年10月25日、東京都八王子市堀之内2丁目、大栗川沿いで行方不明。去勢手術後の入院中、ケージと部屋の扉の閉め忘れで逃がされてしまいました。多摩ニュータウン松が谷トンネルまで追って見失ったと、後から報告を受けました。
 体重12~13kg。当時9歳。後ろ脚が狼爪で、一本指が多いです。老犬になり、顔の白髪が増えているかも知れません。後ろ足の狼爪(一本多い指)が巻き爪で、尿に結石が出来易い体質も心配です。
 一日も忘れた事はありません。元気で生きていて欲しい。もう一度会いたいです。
 手術のすぐ後で、どうなってしまったのか気に掛ります。私達飼い主には、本当の事が何も分かりません。
 八つの都県の保健所・愛護センター、近隣の焼却施設への確認は、今も続けています。何があったのでしょうか。大人しく優しい性格の犬です。預けたまま別れてしまい、かわいそうでなりません。何とか見付けて、また一緒に暮らしたいです。
 時間が経っており、室内飼いでしたので、生きているとすれば、どなたかに保護されている可能性が高く、見つけ出すのは難しいと思います。でも、犬の方からは捜す事が出来ないので、諦めずに捜してやりたいです。
 家で生まれ、兄弟犬達も一緒に九年間暮らしました。沢山の思い出があります。14歳になり、他の犬達も年を取りました。身体の自由が利かなくなってからの時間こそ、生まれ育った家でゆっくり過ごして欲しいのです。もしも、何処かで可愛がられているのなら、無理に返してとは言いません。でもせめて消息が知りたいです。
 4年半経ってしまいましたが、私達家族は、いなくなった日と同じ気持ちで、無事を願い捜しています。見掛けられました折には、何卒御一報お願い申し上げます。

090-1937-5273 又は 090-8742-5651
イグサさんまで 
情報をお持ちの方はどうぞご連絡をお願いいたします。
よろしくお願いいたします。。。


いま迷子になっている仔たちが
一日も早く大好きな家族のもとに帰れますように

by cherry-chan92 | 2013-05-11 22:59 | 迷子のこと | Comments(0)