迷子にしないために

昨年10月にちばわんを卒業したフルークが、本日(2015年7月10日)迷子になってしまいました。
お近くにお住まいの皆さま、お気に留めて頂けますよう、よろしくお願いいたします(__)

d0183577_22501026.jpg



ここのところ、ちばわん卒業犬やトライアル中のワンコの迷子が続いています。
すぐに保護に至っているケースもありますが、保護できていない仔たちはどんな
思いで、どこでどんな風に過ごしているのだろう、と心が痛いです。。。
また、関わった人たちがどんな思いで捜索をし続けているのかと思うと、
本当に胸が締め付けられます・・・

誰も、迷子にしたくてする人はいません。
本当にほんの一瞬の気の弛みが迷子につながるのではないかとわたしは
思っています。「いつもはこんなことしないのに」「いつもだったら・・」
「この日に限って・・」



どんなに気をつけていても
100%迷子を防ぐことはできないかも知れません。
それでも、気をつけていれば防げた迷子もたくさんあることも事実です。

我が家に立ち寄ってくれたこどもたち
わたしが関わらせていただいたこどもたちのご家族さまには、本日一斉に
ご連絡させていただき、今一度ダブルリード等の確認をさせていただいて
おります(モカちゃん、元気くんのおうちはエラーになってしまいましたので、
明日以降改めてご連絡させていただきますね⇒携帯に送りました。
届いているでしょうか)


このブログを見てくださっている皆さまにもどうかお願いです。
お外に出るときは、必ず首輪とハーネス両方に迷子札をつけ、リードは
必ず2本(もしくはY字リード)でお願いいたします。
首輪・ハーネスはお散歩に出る前に緩みがないか、確認してください。
また、首輪等は消耗品です。何年か毎に交換することをお奨めします。
迷子札もやはり消耗品です。気付かぬうちに落としていることもあり
ます。また電話番号が見にくくなっていることもあります。
今一度、ご確認ください。
またほんの一瞬でもコンビニ等でワンコをつないで買い物などしないで
ください。

※7/13追記;ダブルリードは「義務」としてするのではなく、なぜ
ダブルなのかをいま一度考えて頂きたいです。大切な家族とつないだ
その手を離さぬため、もし万が一1本が外れても(実際あり得ます)
大切な家族と離れぬため
その一言に尽きるとわたしは思います。

ですので、当然ですが、外出中に“屋外で”リードの付け外しを行う
ことは絶対に避けてください。
わたしは、ダブルであっても屋外でリードのナスカンを外すことに
とても恐怖を覚えます。。。これは経験者だから異常なのかも知れません。
その対策のために、怖がりさんの仔はY字リードに1本プラスしてトリプル
リードで散歩をしています。
それでも、どんなことがあっても首輪とハーネスを屋外で外すような
ことはしませんし、保護犬を迎えてくださった方には同じように考えて
欲しいと願っています。

また、例えばキャリー等で車酔いをしたり汚れても、絶対に車のドアを
開けっ放しにしたまま、キャリーを開けないでください。
どんなに汚れても、それで死んだりしません。
どんなに臭くても、それで家族でなくなることはありません。
車の窓は、犬が出られる幅に開けないでください。


車等でもフリーで乗せることはしないでください。
必ず車内のどこかに1本は係留していただきますよう、お願い致します。
もしできることなら、キャリー等に入れていただきたいと思っています。

取り付けた玄関ゲート等は、何年経っても取り外さないでください。
また、取り付けていても開けっぱなしにならないよう、再度ご家族さま
全員でご確認をお願いいたします。
来客時には、事前に先方に大切な家族のことをお伝えください。

また、室内でも必ず迷子札付の首輪の常時着用をお願いいたします。



大切な家族を守るのに、やり過ぎなことはないと思います。
いま、迷子になっている仔たちがどうか家族のもとに帰れますよう、
心から願っています。

多くの皆さまにご心配をおかけいたしますが、引き続き迷子のこどもたちの
保護に向けて、ご協力をお願いいたします<(_ _)>
by cherry-chan92 | 2015-07-10 23:38 | 迷子のこと | Comments(0)